国籍の壁を超えて幸せになりたい方を応援中!

国際結婚をすると国籍はどうなる?

外国人の異性と国際結婚をすると、国籍はどうなるのか疑問を感じる人もいるでしょう。
大抵の国は、日本籍をそのまま保持する事が可能です。
また、国際結婚して海外に移住するという場合、まず永住権を取得し、数年暮らすことで市民権が得られる国もあります。
これにより、籍をその国に変更する事もできるようになります。
また、外国人との間に誕生した子供ですが、これは両親の国の籍を両方持つ事が可能です。
ただし、21歳になると、日本では重国籍が認められていないので、どちらかひとつの国に決めなければなりません。
なお、アフリカ諸国では、結婚すると自動的に国籍が与えられるところもあるようです。
ちなみに、外国人が日本人と結婚する場合、自動的に日本の籍が取れるというシステムにはなっておらず、手続きをする必要があります。
その辺りの詳しい説明は各国の法律で定められているので、領事館や大使館にまずは問い合わせてみることをお勧めします。

国際結婚で国籍はどうなるの?

昨今、国際結婚のカップルも増え珍しい事ではなくなってきましたが、それでも同じ国同士の結婚とは異なり、パスポート、戸籍、社会保障がどうなってしまうのかなど疑問は尽きません。
カップルのうちのどちらかが日本人の場合、日本人側は原則そのままですし、相手が日本籍になることはありません。
ただし、国によっては外国籍の女性と結婚する時、自動的に結婚相手の女性が国籍取得する制度もあり、その場合、女性は重籍となります。
日本の場合、22才以上で重籍になった場合、2年以内にどちらの国にするかを選ぶ必要があります。
また、女性側の届け出により、男性の国籍を取得する国もあり、日本の場合、重籍を認めていないため、届け出をした時点で日本籍を失うことになります。
一旦、日本籍を失い、再度取得する場合は外国人の帰化と同様の手続きが必要になります。
その際は、元日本人であることが考慮され比較的要件が緩和されるようですが、それでも半年から1年近くを要することもあります。

最終更新日:2017/1/24

『国際結婚 国籍』 最新ツイート


Fatal error: Class 'Abraham\TwitterOAuth\Config' not found in /home/c8jcm7ea/public_html/elrincondeltriunfador.com/twitteroauth/src/TwitterOAuth.php on line 17