国籍の壁を超えて幸せになりたい方を応援中!

国際結婚で移住する時に忘れがちな事

国際結婚をすると、日本に住むか、配偶者の国に移住するかの2つの選択肢に迫られます。
配偶者の国に移住するという選択をした場合には、その国に永住するためのビザの申請はもちろんの事、日本においても済ませておかなければいけない手続きがあります。
準備に追われてあわただしい名か、後回しにして忘れてしまいがちなのが、住民票を抜いておくことです。
3か月以上日本を離れる場合、住民票を抜いておくことが定められています。
旅行や留学などで3か月以上日本を不在にする場合は、また日本に戻ってくるので良いのですが、移住して里帰りぐらいしか戻ってこなくなる時は、しっかり行っておきましょう。
そうしておかないと、住民税の支払いなどが請求されるため、日本にいる家族が肩代わりして支払ったり、滞納によるトラブルなどに見舞われる可能性もあります。
新しい国で新婚生活を順調に進めるためにも、日本での公的手続きはしっかりと完了しておきましょう。

外国人にフォーリンラブ!国際結婚、移住、って実際どうなの?

旅行先で運命の恋に落ちてしまった、日本に留学中の外国人と真剣交際に発展した、等、グローバル社会が叫ばれる昨今では、国際結婚は決して珍しいことではありません。
外国人とのお付き合いの末、もし結婚という話に発展したら、考えなければいけないのが「生活の基盤を日本と海外、どちらに置くのか」ですが、実際のところ、男性の出身国を選ぶカップルが多いようです。
移住と聞くと「アメリカだったらグリーンカード取得?」なんてイメージはあるものの、どういった手続きが必要になるのかを知っている方は少ないかもしれません。
国際結婚による移住の手続きは、移住先の国によって手続きの方法は異なりますが、日本での手続きとしては役所へ転出届を届け出ます。
海外側では例えばアメリカの場合、結婚許可(マリッジライセンス)を取得してから州へ届け出し、その後、永住権の申請を行う必要があります。
近年では、永住権欲しさによる偽装結婚の事案が増えていることもあり、この申請には厳格な審査が伴いますので、記入ミスのないように慎重に行う必要があるでしょう。

『国際結婚 移住』 最新ツイート


Fatal error: Class 'Abraham\TwitterOAuth\Config' not found in /home/c8jcm7ea/public_html/elrincondeltriunfador.com/twitteroauth/src/TwitterOAuth.php on line 17